home製品紹介>TB(タッチボンド)工法

TB(タッチボンド)工法

曲線部にも耐震性をもたせた「耐震性接着継手工法」です。
(財)先端建設技術センター技術審査証明の取得、および国土交通省NETIS(新技術提供システム)に登録済みの工法です。



カタログダウンロード

特徴

●施工
・施工は簡単、押しこむだけ!
・製品内部での作業が無い
・曲線部も直線部と同じ施工
●耐震性能
・レベル2地震動をクリアする耐震性能
・「高弾性接着剤(TBボンド)」で変位に追随、しかも完全止水
・曲線部も直線部も同じ耐震性能を発揮
・「フラットジョイント」だから壊れない
●TBボンドを充填後、すぐに埋め戻し可能
●現場打ちの桝や既設ボックスにも耐震継手として接続可能

仕様

イージーキャスター工法

建設現場でボックスカルバートの据付工事に際し、通常敷設が出来ない箇所(電線、狭隘な場所、覆工板・橋梁下等)で、基礎にレールを敷き、台車(キャスター)を用いてボックスカルバートを移動させる工法です。

カタログダウンロード

特徴

①.施工には小さな台車と電動ウインチ、
油圧ジャッキしか用いないので安全施工が可能!
②.レールを基礎の上に置くだけなので埋め込む必要が無く、また取り外しもできるため、簡単施工(工期短縮)が可能!
③.重機や大掛かりな器具類を用いないので、低コストかつ、低騒音施工が可能!
④.どのサイズにも適用可能。(重量10tまで)

ページトップ