home製品紹介>植生護岸ベジポーラス

植生護岸べジポーラス

ベジポーラスは特殊な重量骨材を使用した、薄肉型全ポーラス構造が最大の特徴の河川護岸植生用張りブロックです。薄肉かつ全ポーラスであるため、基礎地盤との水の往来がしやすく、植生の早期復元効果が期待できます。また、特殊な骨材に含まれる鉄分から溶出する二価鉄イオンは自然界で欠乏しやすい植物の生長養分の一つであり、これを供給できる本製品は、通常の河川護岸から多自然型護岸工法などの植生護岸の張りブロックとしてご使用いただけます。

カタログダウンロード

特徴

① 重量骨材の使用により、全ポーラスながら薄肉構造の為、水分の往来が容易で植生の早期安定
② 骨材に含まれる鉄イオンによる、植生の促進。
③ 揚力係数・抗力係数による安全性照査済み
④ 表面凹凸構造のため広い植生面積の確保が可能。
⑤ 骨材に酸化鉄スラグを使用し、高リサイクル率。

強度確認実験状況

効果

ページトップ