home製品紹介>ポラコン製品

ポラコン製品

ポラコンとは多孔質なコンクリートで、東京オリンピックが開催された昭和39年に開発されました。
従来のコンクリートは通気性、透水性の小さい緻密なコンクリートが理想とされ、その利用分野もこの特性を発揮できる範囲に限定されていました。ポラコンは、緻密なコンクリートを造るのと逆転の発想で、水を通すために空隙を多くして、連続した水みちを確保するようにしたコンクリートです。空隙を多くするために、砂や骨材の細粒を減らした骨材を特殊セメントペーストによって接合し、連続空隙を形成したコンクリートであり、透水性に優れ、透水係数の調整も可能です。
ポラコンは、その開発初期の暗渠目的の「集水ポラコン」から、都市型水害を防ぐ雨水貯留・浸透目的の「浸透ポラコン」としての新たな商品展開をし、更には水質浄化や緑化を目的とする環境製品へと飛躍してきています。

カタログダウンロード

特徴

商標「ポラコン」は1967年に登録されました。40年近くに亘って、これ等の製品に付加され営々として築き上げられた成果は、広く国内で知られています。このような特徴を持つポラコンの利用範囲は極めて広く、種々の構造物に有利に使用することが出来ます。

ポラコン舗装

ポラコン舗装の特徴

ポラコン舗装は現場打ち用透水性コンクリート舗装であり、地下水の涵養、ヒートアイランド現象の緩和など環境改善効果が期待できるため、歩道、車道、広場、商店街、駐車場、公園の園路、家周りなどの様々な場所で使用されています。一般家庭の敷地内においても、透水性舗装は、照り返しの緩和や気化熱による夏の外気温の低下冬場の凍結予防など、生活面でメリットが実感できることも期待されています。また、表面に光触媒層を設けたことで、汚染物分解による有害ガスの分解・表層美観保持効果が期待できます。

①	ヒートアイランド現象の緩和

1.ヒートアイランド現象の緩和
2.地下水の涵養と水資源の確保
3.浸水地域の解消及び河川の汚濁防止
4.降雨時の河川・下水道処理施設の負担軽減
5.地盤沈下・植生枯渇の抑止
6.白色以外にも着色対応可能(茶・グレー系
7.光触媒による汚染防止・大気浄化効果

カタログダウンロード

ページトップ